弁護士・士業専門の経営改善・集客アップ・売上増加コンサルティング:弁護士の集客改善アップの方法や売上増加無料情報と格安経営コンサルタント

敷居を下げてくれる存在

敷居を下げてくれる存在

西沢知樹:
神戸のオフィスから・・・

西沢写真


先日、JRの最寄り駅の広告にクラシックのコンサートの案内がありました。地元関西の大阪フィルハーモニーが神戸で演奏会を開くということで、しかも曲目が「展覧会の絵」とか分かり易いものばかりなのでちょっといいなと思っていました。

いまでもそんなにクラシック音楽に詳しいわけではありませんが、嫌いではありません。めっちゃ有名でベーシックなベートーベンのシンフォニーやバッハなど、ごくごく普通のナンバーは結構楽しんで聴くことがあります。けれど、もともとはクラシックなんて何がいいのかと思っていました。なんか堅苦しい感じがするし、1つの交響曲が40分以上とか長ったらしいし、とっつきにくいジャンルの音楽という以上のものは何もありませんでした。それが、あるきっかけで変わることになります。





それは社会人のころにふと手に取った音楽評論家・黒田恭一さんの著作でした。クラシックを中心とした音楽評論の著作を数多く残している方のですが、どの著書でも、まったく肩肘を張らず楽しい雰囲気で音楽を語ってくれているのです。もともと日本ではクラシックは「インテリの高尚な趣味」みたいなイメージが強いので評論や紹介本も小難しいのが多いのですが、黒田さん、通称クロキョーさんの本はまったく違いました。

別に1つの交響曲をしっかりアタマから終わりまで聴かなくてもいい。聴いていて自分が好きだと感じるメロディの場所だけを何度も聴いたっていい。そのうちに、他の部分にも関心がわいてくる。ちょうど、好きなレストランでいつも肉料理を頼んでいたけれど、あるときからこの店の魚料理も食べてみよう、と思うのと同じように・・・

食い意地の張った私のような人間に(笑)スッと入ってくる分かり易い例え話に、ユーモアあふれるエピソード、時にはまったく別のジャンルの音楽や通俗的な話題も織り交ぜつつ・・・クラシック音楽とも、こんな風に気楽につきあえばいいんだ、と自然に思わせてくれました。

どんなものでもそうなのかもしれませんが、何かに対してその「敷居」を低くしてくれるような、親しみを感じさせてくれるような存在があれば、すんなりと人は新しいものを受け入れることができるように思います。たまたま私にとってのクラシックとクロキョーさんがそうだったように、今度は私が英語であったり、あるいは起業に関しての敷居を低くできるような情報を発信していければとあらためて願わずにはいられません。

西沢知樹

☆空きがでましたのでこっそり受け付けています・・・

オーダーメード英語サポート・回数無制限:その中身とは!?


コメント



認証コード6796

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional